【上級者向け?正直美味しくなかった。】ヤマモリ プーパッポンカレーを食べてみた

ヤマモリ プーパッポンカレーを食べてみた

こんちです。

雨が降りそうで降らない微妙な天気が続いています。
梅雨前線もゆっくりウォーミングアップ中でしょうかね。

それでは本日もヤマモリ タイカレーシリーズのレトルトカレーについてご紹介したいと思います。

今回食べたのはこちら。

ヤマモリ プーパッポンカレー

ヤマモリ プーパッポンカレー

この「プーパッポン」とやら、どうやら蟹をカレー粉で炒めた料理らしい。

タイの海鮮レストランで有名なカレーで、タイ語で「プー」は蟹、「パッ」は炒める、「ポンカリー」はカレー粉を意味します。

ヤマモリ 公式サイト https://www.yamamori.co.jp/products/thaicurry_poo_pad_pong/

蟹にカレー粉ってどうなんでしょうね?
火を通した蟹って結構においがきつい気がしていて、それにカレー粉入れたら相当なにおいになりそう。。。
タイでは人気の料理らしいですが、正直食べる前から警戒しています。

この記事の目次

商品情報

商品名タイカレー プーパッポン
カレーの種類タイカレー
具の種類細ねぎ・辛くない赤唐辛子
調理方法電子レンジ
加熱時間500W 約1分30秒
600W 約1分20秒
内容量180g
アレルギー物質卵、えび、かに、大豆
一部公式サイトより引用

作り方

STEP
外箱のフタを開けて180度折り返す

写真のように外箱が上向きに傾くように電子レンジに入れてください。

ヤマモリ プーパッポンカレー 温め方
STEP
電子レンジで温める
ワット数加熱時間目安
500W約1分30秒
600W約1分20秒
STEP
出来上がり!

実食!

出来上がったプーパッポンカレーはこちら。
グリーンカレーなどと比べるとだいぶドロドロ系です。

ヤマモリ プーパッポンカレー 実食

そしてやはり気になっていた予想が当たりました。
蟹とカレー粉が合わさって、においがきついです。
幸先が不安でしかない。

具は細ねぎと辛くない赤唐辛子を確認。
カニの身のようなものは入っていないようです。

ヤマモリ プーパッポンカレーの具 細ねぎ・辛くない赤唐辛子

ではいただきます。

辛さ見た目は結構辛そうなのですが、全然辛くない。
ヤマモリ基準だと辛さはレベル2となっています。
具の満足度細ねぎと辛くない赤唐辛子なので、グリーンカレーなどと比べると食べ応えはありません。
また野菜の繊維で食べていてボソボソします。
ルーの味わいこれはかなりクセが強い。
単体でも十分におうカニにカレー粉が追い打ちをかけてしまっています。
口に入れるとさらにモワっとしたにおいが広がります。
ルーのドロドロもちょっと苦手です。

総評

正直美味しくないですね。これまで食べたヤマモリのタイカレーシリーズで一番美味しくない。
この味付け・見た目・香り、どれも日本人受けしないだろうなと思いました。

甲殻類の調理はやはり難しいですね。くさみがどうしても気になります。
またカニにカレー粉という組み合わせも日本ではあまり馴染みがないので、余計食べづらいのかもしれません。

過去にプーパッポン食べて美味しかった!って人以外にはおすすめできません。
かなり上級者向けのレトルトカレーだと思います。

ヤマモリ プーパッポンカレーを食べてみた

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

satouのアバター satou 金融系Web広告担当

ブログ未経験でいきなりワードプレスからはじめました!金融業界で働くただのWeb広告担当者です。Web広告のことや生活を豊かにする情報をシェアしていきます。
最近はワードプレステーマ『SWELL』にどっぷりハマってます。しばらく『SWELL』についてばかり書くことになりそう。

この記事の目次
閉じる