THE THORはおすすめテーマなのか?ボックス機能でSWELLと比較

SWELL THE THOR ボックスの違い

この記事を読んでいる方はワードプレステーマ、特にTHE THORが気になっているのではないでしょうか?

もしTHE THORを購入することに不安があるなら、きっとこのブログはお役に立てると思います。

結論からお伝えすると、今の時点で、THE THORはおすすめのワードプレステーマではありません。

THE THORはリリース当初こそ素晴らしかったのかもしれませんが、今ではもっと使いやすいワードプレステーマが登場しています。

では、今おすすめのワードプレステーマは?と尋ねられたら、迷わずSWELLと答えます。

おすすめする、しないを明言するからには、その根拠となる情報もしっかり提示したいと思います。

このブログの比較方針

ワードプレステーマの比較記事は無数にありますが、そのほとんどがサマリーの比較情報です。

サマリーの情報が悪いわけではありませんが、短時間で大枠の違いが把握できる分、具体的な違いについて把握することは不得手です。

対してこのブログでは機能一つひとつにフォーカスして、ワードプレステーマの違いを紹介しています。

あたかも実際に使ってみたかのような読後感を得てもらうこと目指して記事にしてますので、他の比較記事よりも具体的な違いを知ることができるはずです。

この記事の目次

本題!「ボックス」機能で徹底比較

今回は伝えたいことを見やすくまとめる「ボックス」機能でTHE THORとSWELLを比べてみたいと思います。

使用頻度の高い機能なので、デザインだけでなく、使い勝手の良さも確認するようにしましょう。

この記事のSWELL公式マニュアルはこちら

SWELLで使える「ボックス装飾」一覧 | 【公式サイト】WordPressテーマ SWELL

エディター関連の機能はワードプレスのテーマ選びで最も重要なポイントだと思いますので、ぜひワードプレステーマ選びの参考にご一読ください。

サマリーの比較だけじゃ、
本当の違いは分からないから。
機能一つひとつ丁寧に比較してます。

デフォルトのボックスデザイン紹介

THE THORとSWELLのデフォルトのボックスデザインを一部紹介します。

THE THOR ボックス

デフォルトのボックス
THE THOR デフォルトのボックス
デフォルトのボックス

THE THORではパーツスタイル設定で10種類のボックスが登録されています。

登録されているコードを変更することでデザインの変更ができます。

プリセットパーツのボックス
THE THOR プリセットパーツのボックス
プリセットパーツのボックス

掲載しているボックスデザインは一例です。
プルダウンメニュー内にいくつものデザインが用意されています。

プリセットパーツの種類
  • スコアボックス(SWELLにはない!)
    • 全6種類
  • 口コミボックス(SWELLにはない!)
    • 全12種類
  • レビューボックス(SWELLにはない!)
    • 全2種類
  • アコーディオンボックス
    • 全2種類

SWELL ボックス

シンプルなボックス
SWELL シンプルなボックス
シンプルなボックス
アイコンボックス(小)
SWELL アイコンボックス(小) フラット
アイコンボックス(小)
アイコンボックス(大)
SWELL アイコンボックス(大) フラット
アイコンボックス(大)
その他のボックス
SWELL ボックス系ブロック
SWELL専用ブロック

SWELL独自のカスタマイズがされた非常に使い勝手の良いブロックです。

詳しくは別の機会に紹介したいと思います。

すべてのボックスでデザインの調整が可能です。

THE THOR ボックスのカスタマイズ方法

THE THORのボックスのいい所はなんといってもそのデザインの自由度だと思います。

エディターツールバーの「スタイル>デフォルトパーツ」ボックスを選択すると装飾前のボックスが設置されます。

THE THOR デフォルトパーツのボックス
デフォルトパーツから「ボックス」を設置

あとは「スタイルセット」や「カラーセット」を組み合わせていくとオリジナルのボタンを作ることができます。

THE THOR ボックスパーツの設定
スタイルセットでボックスデザインをカスタマイズ

ただ、毎回このやり方でボックスを作成していると手数が多すぎて大変です。

そのためTHE THORでは10個までボックスを登録しておくことができます。

よく使うボックスは登録しておきましょう。

ボックスの登録方法

ボックスの登録は、「外観」→「カスタマイズ」→「パーツスタイル設定[THE]」→「ボックス設定」で行います。

THE THOR ボックス設定
ボックス設定からボックスを登録

ボックス設定には10個のボックスのタイトルとスタイルの入力欄があり、スタイル欄のコードを変更することで、登録するボックスのデザインを変更することができます。

THE THOR ボックス設定の詳細
スタイル欄でボックスのデザインを変更
コード例

ep-box es-BsubTradi bgc-white es-borderSolidM es-radius brc-DPred

このコードはep-がパーツタイプbgc-が背景色・・・といった具合にパーツの要素を1行で指定したものです。

一からコードを覚えるのは大変です。
先人の知恵をお借りしましょう。
ネットで調べると、ボックスのサンプルコードがたくさん公開されています。

とにかくパターンが豊富なので、使いこなせれば思い通りのボックスが作れるはずです。

SWELL ボックスのカスタマイズ方法

SWELLのボックスは「SWELL設定」→「エディター設定」で色・スタイルを設定します。

アイコンボックスの設定は「アイコンボックス」タブで、キャプションブロックとFAQボックスの設定は「カラーセット」タブで行います。

すべてマウスでポチポチするだけで調整できます!小難しいコードは一切不要です!

SWELL エディター設定 ボックス
設定場所がタブで分かれています。

「シンプルなボックス」については色とスタイルの調整ができません。
色はサイトカラーと揃うようになっています。

アイコンボックス(小)

色の設定
SWELL アイコンボックス(小) 色の設定
カラーパレットで色を調整できる

各ボックスで2色の組み合わせを変更できるので、お好みで調整してください。
※ボーダースタイルは1色のみ反映

スタイルの設定

アイコンボックス(小)に3種類のスタイルが用意されています。

SWELL アイコンボックス(小) 塗り(フラット)
塗り(フラット)
SWELL アイコンボックス(小) 塗り(浮き出し)
塗り(浮き出し)
SWELL アイコンボックス(小) ボーダー
ボーダー

アイコンボックス(大)

色の設定
SWELL アイコンボックス(大) 色の設定
カラーパレットで色を調整できる

各ボックスで色の変更ができるので、お好みで調整してください。

スタイルの設定

アイコンボックス(大)に2種類のスタイルが用意されています。

SWELL アイコンボックス(大) フラット
フラット
SWELL アイコンボックス(大) 立体
立体

キャプションブロックとFAQブロックもエディター設定で色の調整ができます。
詳しくは別途紹介したいと思います。

TIPS

キャプションブロックとFAQブロックもエディター設定で色の調整ができます。
詳しくは別途紹介したいと思います。

SWELL エディター設定 キャプションブロックとFAQブロック

SWELLのプレビュー機能がとっても便利!

SWELLのエディター設定は色やスタイルを変更すると横のプレビューに変更イメージが表示されるようになっています!

デザイン調整もマウスでポチポチするだけなので、デザインにかかる時間が大幅に削減できます!

プレビューの様子(クリックすると動きます。)

SWELL アイコンボックス設定のプレビュー
SWELLのエディター設定はプレビューがとっても便利!

THE THOR ボックスの使い方

ボックスを新規で配置

STEP
ツールバーの「スタイル>ボックス」でボックスを選択
THE THOR 新規でボックスを設置
「スタイル>ボックス」でボックスを選択
STEP
新規ボックスの設置

サブタイトルボーダーボックスが設置されました。

THE THOR 新規でボックスを設置 その2
サブタイトルボーダーボックスが設置される

設置したボックスを別のボックスに変更する

THE THORのボックスは上書きする際の手順に注意が必要です。

STEP
変更したいボックスを選択(反転)
STEP
適用中のボックスをクリア

「書式設定のクリア」か「スタイル>ボックス」から適用中のボックスをもう一度クリックするとボックスが解除されます。

THE THOR ボックスのクリア方法
設定したボックスをクリア
THE THOR ボックスのクリア
ボックスがクリアされる
STEP
もう一度「スタイル>ボックス」から変更したいボックスを選択
THE THOR 再度ボックスを設定
再びボックスを設定

これで再びボックスが設置されます。

THE THOR ボックスの変更完了
ボックスの変更完了

【注意】THE THORでは同箇所に複数のボックススタイルが適用される

THE THORは同じ個所に複数のスタイルを設定できる仕様となっています。
この仕様のおかげで、さまざまなスタイルのボックスを作ることができるのですが、その反面、ボックススタイルの上書きができないという短所にもなっています。

どういうことなのか、実際にお見せしてご説明します。

複数のボックススタイルが適用される例

シンプルアイコンボックス→サブタイトルボーダーボックスの順でボックスを設定します。

STEP
シンプルアイコンボックスを設置
THE THOR 複数のボックス適用例 1
シンプルアイコンボックスを設置
STEP
書式をクリアせず、サブタイトルボーダーボックスを設置

設置済みのボックスを選択した状態で、「スタイル>ボックス」の「サブタイトルボーダーボックス」を選択します。

THE THOR 複数のボックス適用例 2
書式をクリアせず、別のボックスを設定
STEP
デザインが崩れた「サブタイトルボーダーボックス」が表示される

すぐ下に正しいデザインのサブタイトルボーダーボックスを設置しました。

見比べると、サブタイトルの表示位置が崩れているのがお分かりいただけると思います。

THE THOR 複数のボックス適用例 3
書式をクリアしないとボックスのデザインが崩れる

このように、THE THORではひとつのボックスに別のボックスを適用すると、スタイルの「上書き」ではなく「追加」されていく仕様となっています。

この仕様と使い手の期待する動作に大きなズレがあるなと思いましたので詳しく解説させていただきました。

THE THORでボックスを設置する場合は変更手順に気を付けてください。

SWELL ボックスの使い方

SWELLのボックスの使い方はとにかく簡単です。

エディターでブロックを選択したら右側のサイドバーにある「スタイル」の中から使いたいボックスをクリックするだけでOKです。

SWELL エディター ボックスのスタイル選択
プレビューをクリックするだけで設定できる

実際の操作感が気になる方は次のページご覧ください。

本当にサクサク設定できるのが伝わると思います。

SWELL専用ブロックもプレビュー見ながら設定できます。

クリックすると動きます。

SWELL ブロックの設置方法 Gif
ブロックもクリックするだけで設置できる

まとめ

カスタマイズ性はTHE THOR

THE THORはコードで細かくボックスの要素を指定できます。

ネットで調べると50以上のボックスのコードが紹介されているので、本当に自由です。

使いこなせれば思い通りのボックスを作ることができるでしょう。

このあたりの機能の強さは素直にすごい。

流石人気ワードプレステーマだなと思いました。

使いやすさは圧倒的にSWELL

今回ご紹介した通り、SWELLではボックスのデザインをプレビューで確認することができます。

デザインはマウス操作だけでドンドン調整できます。

THE THORのようなコードの入力はありません。

また実際にボックスを使うときも、エディターの右サイドバーに表示されるプレビューをクリックするだけで設置が完了します。

THE THORの場合、ボックスがプレビューされないため、直感的操作という点でも劣ります。

SWELLボックス機能のいいところ
  • マウス操作だけでデザインの調整ができる!
  • プレビュー機能で調整したデザインがその場で確認できる!
  • 使用するスタイルをクリックするだけで設置(変更)できる!

「エディター設定」ではマーカー以外にもボタンやふきだしなどさまざまな要素のデザインを調整できるのですが、すべての要素でプレビュー機能が付いています!

ほかの要素でもプレビューできます!

SWELL エディター設定 ボタン
SWELLボタンの設定画面
SWELL エディター設定 吹き出し
吹き出しのカラー設定画面

色やスタイルを変更したらその場でプレビューできるので、デザインの調整がとにかく簡単!かつ楽しいです!
SWELLはこういう細かいところにこだわりが詰まっていて、使っていて嬉しくなります!

ブログを簡単に・楽しく・素早く書きたいならSWELL

THE THORのデザインの自由度には目を見張るものがありますが、一度設定したスタイルの変更(上書き)手順に若干難があるのと、SWELLのようなプレビュー機能がない部分はぜひ改善してもらいたいです。

SWELLは小難しいコード不要で、簡単に、楽しくボックスをカスタマイズできます。

ブログを簡単に・楽しく・素早く書きたいならSWELLが絶対おすすめです!

もっと気軽に、楽しく記事を書こう。

SWELL THE THOR ボックスの違い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

satouのアバター satou 金融系Web広告担当

ブログ未経験でいきなりワードプレスからはじめました!金融業界で働くただのWeb広告担当者です。Web広告のことや生活を豊かにする情報をシェアしていきます。
最近はワードプレステーマ『SWELL』にどっぷりハマってます。しばらく『SWELL』についてばかり書くことになりそう。

この記事の目次