SWELLとTHE THORのウィジェットエリアの違いを比べるとますますSWELLが好きになった。

SWELL THE THOR ウィジェットエリアの違い

ワードプレステーマSWELLとTHE THORの違いについて、機能ごとに紹介しています

今回はウィジェットの表示位置を決める「ウィジェットエリア」の違いについてです。

SWELL ウィジェット設定画面
ウィジェット設定画面

ウィジェットエリアで比べるとSWELLの便利なところがいろいろ見つかりました!

反対にTHE THORはウィジェットエリアに気になる課題があります。

ブログ運営に手間がかかりそうな課題なので、THE THORを購入する前に一度読んでほしいです。

この記事のSWELL公式マニュアルはこちら

SWELLで使用できるウィジェットエリア一覧 | 【公式サイト】WordPressテーマ SWELL

この記事の目次

SWELLのウィジェットエリア

SWELLには20個のウィジェットエリアが用意されています。

SWELL ウィジェットエリア一覧
SWELL ウィジェットエリア一覧

SWELLのウィジェットエリアは数が多いですが、表示場所で分類すると次のようになります。

SWELL ウィジェットエリアの表示場所
  • ヘッダー
  • サイドバー
  • スマホ開閉メニュー
  • トップページ
  • 固定ページ
  • 投稿ページ
  • フッター

この後はこの表示場所ごとにウィジェットエリアを紹介させていただきます。

ヘッダー

SWELL ウィジェット設定画面 ヘッダー内部
ウィジェット設定画面 ヘッダー内部

表示場所

SWELL ウィジェットエリア ヘッダー内部
グローバルメニューの右側に表示
ヘッダー内部

ヘッダー内に表示できるウィジェットエリアです。

サイドバー

SWELLには4種類のサイドバーウィジェットエリアが用意されています。

SWELL ウィジェット設定画面 サイドバー
ウィジェット設定画面 サイドバー

表示場所(PC)

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 サイドバー(PC)

表示場所(スマホ)

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 サイドバー(スマホ)
フッター付近に表示
共通サイドバー

「共通サイドバー【スマホ版】」が設定されている場合を除いて、すべてのページで表示されるサイドバーです。

共通サイドバー【スマホ版】

PCとスマホで共通サイドバーのウィジェットを変更したい場合に使用します。

トップページ専用サイドバー

トップページにのみ表示されるサイドバーです。

「共通サイドバー」の上部に表示されます。

追尾サイドバー

スクロールしても追従して表示されるサイドバーです。

PCでのみされます。

ブログでよく見る追従する目次を設置したい場合は、このウィジェットエリアに「[SWELL] 目次」ウィジェットを設置します。

スマホ開閉メニュー

SWELL ウィジェット設定画面 スマホ開閉メニュー下
ウィジェット設定画面 スマホ開閉メニュー下

表示場所

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 スマホ開閉メニュー下
スマホ開閉メニュー下

スマホで表示される開閉メニュー(ハンバーガーメニュー)下部に表示できるウィジェットエリアです。

トップページ

トップページのメインコンテンツエリアでは、上下2ヶ所でウィジェットを設置することができます。

SWELL ウィジェット設定画面 トップページ
ウィジェット設定画面 トップページ

表示場所

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 トップページ
記事一覧リストの上下に表示
トップページ上部

記事一覧リストエリアの直前に表示できるウィジェットエリアです。

トップページ下部

ページネーションの直後に表示できるウィジェットエリアです。

固定ページ

固定ページのメインコンテンツエリアでは、上下2ヶ所でウィジェットを設置することができます。

SWELL ウィジェット設定画面 固定ページ
ウィジェット設定画面 固定ページ

表示場所

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 固定ページ
本文の上下に表示
固定ページ上部

固定ページ本文の直前に表示できるウィジェットエリアです。

固定ページ下部

固定ページ本文の直後に表示できるウィジェットエリアです。

投稿ページ

投稿ページのメインコンテンツエリアでは、5ヶ所にウィジェットを設置することができます。

SWELL ウィジェット設定画面 投稿ページ
ウィジェット設定画面 投稿ページ

表示場所(1/2)

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 投稿ページ(1/2)
本文の上下に表示

表示場所(2/2)

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 投稿ページ(2/2)
本文より下のエリアに表示
記事上部

投稿ページ本文の直前に表示できるウィジェットエリアです。

記事下部

投稿ページ本文の直後に表示できるウィジェットエリアです。

CTAウィジェット

投稿ページの下部に表示できるウィジェットエリアです。

資料請求など具体的なアクションを喚起するために使用します。

すべての投稿ページで同じCTAを設置したいときに便利です。

ページごとにCTAを変えたい場合は、「ブログパーツ」を使用します。

関連記事上

投稿ページの関連記事エリアの上に表示できるウィジェットエリアです。

関連記事下

投稿ページの関連記事エリアの下に表示できるウィジェットエリアです。

フッター

SWELLには5種類のフッターウィジェットエリアが用意されています。

SWELL ウィジェット設定画面 フッター
ウィジェット設定画面 フッター

表示場所

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 フッター(PC)

スマホ専用フッター

SWELL ウィジェットエリアの表示場所 フッター(スマホ)
スマホのみ表示
フッター直前

フッターの直前に表示できるウィジェットエリアです。

フッター(PC)1~3

フッター内に表示できるウィジェットエリアです。

ウィジェットが設置されている「フッター(PC)」の数に応じてカラムが自動調整されます。

例えば「フッター(PC)3」だけウィジェットが設置されている場合は、1カラムで表示されます。

SWELL ウィジェットエリア フッター 1カラム
1カラムに自動調整して表示

「フッター(PC)1」と「フッター(PC)3」の2つにウィジェットが設置されている場合は、2カラムで表示されます。

SWELL ウィジェットエリア フッター 2カラム
2カラムに自動調整して表示

このあと説明する「フッター(スマホ)」が使用されていない場合は、スマホでも「フッター(PC)1~3」に設定したウィジェットが1カラムで表示されます。

フッター(スマホ)

PCとスマホでフッターウィジェットを変更したい場合に使用します。

このウィジェットが使用されている場合、「フッター(PC)1~3」は非表示となります。

THE THORのウィジェットエリア

THE THORには10個のウィジェットエリアが用意されています。

THE THOR ウィジェットエリア一覧
THE THOR ウィジェットエリア一覧

THE THORも表示場所別にウィジェットエリアを紹介します。

THE THOR ウィジェットエリアの表示場所
  • トップページ
  • 投稿ページ
  • メニューパネル
  • サイドバー
  • フッター

トップページ

トップページのメインコンテンツエリアでは、上下2ヶ所でウィジェットを設置することができます。

THE THOR ウィジェット設定画面 トップページ
ウィジェット設定画面 トップページ

表示場所

THE THOR ウィジェットエリアの表示場所 トップページ
記事一覧リストの上下に表示
トップページ上部エリア

記事一覧リストエリアの直前に表示できるウィジェットエリアです。

トップページ下部エリア

記事一覧リストエリアの直後に表示できるウィジェットエリアです。

投稿ページ

投稿ページのメインコンテンツエリアには、上下2ヶ所ウィジェットを設置することができます。

THE THOR ウィジェット設定画面 投稿ページ
ウィジェット設定画面 投稿ページ

表示場所

THE THOR ウィジェットエリアの表示場所 投稿ページ
本文の上下に表示
投稿ページ上部エリア

投稿ページ本文の直前に表示できるウィジェットエリアです。

投稿ページ下部エリア

投稿ページ本文の直後に表示できるウィジェットエリアです。

メニューパネル

THE THOR ウィジェット設定画面 メニューパネル
ウィジェット設定画面 メニューパネル

表示場所

THE THOR ウィジェットエリアの表示場所 メニューパネル
メニューパネル

ヘッダーの開閉メニューパネルに表示できるウィジェットエリアです。

サイドバー

THE THORには2種類のサイドバーウィジェットエリアが用意されています。

THE THOR ウィジェット設定画面 サイドバー
ウィジェット設定画面 サイドバー

表示場所

THE THOR ウィジェットエリアの表示場所 サイドバー
サイドバーエリア

すべてのページで表示されるサイドバーです。

追従サイドバーエリア

スクロールしても追従して表示されるサイドバーです。

フッター

THE THORには3種類のフッターウィジェットエリアが用意されています。

THE THOR ウィジェット設定画面 フッター
ウィジェット設定画面 フッター

表示場所

THE THOR ウィジェットエリアの表示場所 フッター
ウィジェットエリアの表示場所 フッター
フッターエリア[左]

フッターエリアの左に表示できるウィジェットエリアです。

フッターエリア[中央]

フッターエリアの中央に表示できるウィジェットエリアです。

フッターエリア[右]

フッターエリアの右に表示できるウィジェットエリアです。

THE THORの場合、フッターエリアの配置は固定で、SWELLのような自動調整機能はありません。

例えば「フッターエリア[右]」だけウィジェットが設置されている場合は、フッターエリアの右側にのみウィジェットが表示されます。

THE THORウィジェットエリア フッターエリア[右]
右寄せのままで、1カラムに自動調整されない

「フッターエリア[左]」と「フッターエリア[右]」の2つにウィジェットが設置されている場合は、中央が抜けた状態で表示されます。

THE THORウィジェットエリア フッターエリア[左][右]
中央が歯抜けの状態で、1カラムに自動調整されない

THE THORのCTA設定は「記事下CTA」で行う

CTAは重要なポイントだと思いますのでここで一度紹介しておきます。

THE THORにはCTAのウィジェットエリアがありませんが、個別記事のエディター画面で個別記事ごとにCTAを設定することが可能です。

THE THOR 記事下CTAの設定
THE THOR 記事下CTAの設定

まとめ

表示場所別にウィジェットエリアを比較

表示場所別にSWELLとTHE THORでウィジェットエリアの差分をまとめてみました!

クリックしてね!

ウィジェットエリアの柔軟性はSWELLが優れている

SWELLのウィジェットエリアはスマホ専用のウィジェットエリアが用意されているので、サイト訪問者がアクセスしている環境に合わせて、表示するウィジェットを最適化しやすいです。

もしTHE THORでSWELLのように表示するウィジェットをデバイスによって変更したい場合は、特定の条件でウィジェットを非表示にする機能を活用すれば実現できますが、設定には少々手間がかかります。

やり方は別記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

THE THOR フッターウィジェットの出し分け

フッターウィジェットエリアのレイアウトはSWELLの方が良い

フッターエリアを1カラム、2カラムで表示したい場合は多分にあると思いますが、THE THORのフッターウィジェットエリアは配置が固定されているため、見栄えを気にする人は3カラムありきで設定する必要があります。

SWELLの場合フッターのウィジェットエリアが自動調整されるので、デザインの崩れを心配する必要がありません。

この辺の使い勝手の良さもSWELLのいいところだと思います。

デザイン要素と違って、ウィジェットエリアの表示要件をユーザーが独自開発するのはかなり厳しいと思います。

ウィジェットエリアの柔軟性もレイアウトの自動調整もSWELLの方が一枚うわてです。

機能一つひとつ比べてみると、購入の決め手となりそうな違いが見えてきます。

サマリー的な機能比較情報だけでは決して気づけない情報です。

これからワードプレステーマの購入を検討されている方へ

わたしのように、後から「こんなはずじゃなかった…」とならないように、細かい機能もよく調べることをおすすめします。

もちろんSWELLは今一番おすすめできるテーマです!
公式サイトで確かめてみてください。

もっと気軽に、楽しく記事を書こう。

SWELL THE THOR ウィジェットエリアの違い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

satouのアバター satou 金融系Web広告担当

ブログ未経験でいきなりワードプレスからはじめました!金融業界で働くただのWeb広告担当者です。Web広告のことや生活を豊かにする情報をシェアしていきます。
最近はワードプレステーマ『SWELL』にどっぷりハマってます。しばらく『SWELL』についてばかり書くことになりそう。

この記事の目次
閉じる