SWELLのブログパーツは超便利!ウィジェットが自由自在に作れる!

SWELL ブログパーツ機能解説

SWELLで使える「ブログパーツ」機能について紹介します。

「ブログパーツ」とは

「ブログパーツ」とはあらかじめ作成したコンテンツを登録しておく機能で、「ブログパーツ」として登録したコンテンツはショートコードで簡単に呼び出すことができます。

いくつかのページで使い回したいコンテンツを何度も入力する手間が省け、ウィジェットなどにも活用できる非常に便利な機能です。

SWELL ブログパーツとは
ショートコードで呼び出せます。

この記事のSWELL公式マニュアルはこちら

登録したコンテンツを自由に呼び出せる「ブログパーツ」機能 | 【公式サイト】WordPressテーマ SWELL

この記事の目次

ブログパーツの使い方

ブログパーツの新規作成

管理画面の「ブログパーツ」から、通常の投稿と同じように、呼び出したいコンテンツをエディターで作成します

SWELL ブログパーツ管理画面
ブログパーツ管理画面

右サイドバーの「用途」でブログパーツの分類ができます。

SWELL ブログパーツ 用途設定
右サイドバーで「用途」を設定

ブログパーツの登録

コンテンツの作成が完了したら、通常の投稿と同じように「公開」します。

SWELL ブログパーツ 公開
「公開」を押す

これでおすすめ記事の投稿リストブロックがブログパーツとして登録されました。

SWELL ブログパーツ管理画面
登録済みのブログパーツ一覧

ブログパーツの呼び出し方

ブログパーツを呼び出す方法は2種類です。

ブロックエディターから呼び出し

『SWELLブロック』の中から、『ブログパーツ』ブロックを選択してください。

SWELL ブロックライブラリー ブログパーツ
ブロックライブラリーから選択

次のような「ブログパーツ」ブロックが挿入されます。

SWELL ブログパーツ
SWELL ブログパーツ

左側のセレクトボックスから、登録済みのブログパーツを選択します。

SWELL ブログパーツを選択
左のセレクトボックスでブログパーツを選択

右側のセレクトボックスを使うと、選択できるブログパーツを絞り込むことができます。

SWELL ブログパーツの絞り込み
右のセレクトボックスでブログパーツを絞り込み

ショートコードで呼び出し

ブログパーツはショートコードを使って呼び出すことができます。

ショートコード名は

または
です。

呼び出すブログパーツはIDもしくはタイトルで指定します。

次の4行どれでも呼び出し可能です。

[blog_parts id="投稿ID"]
[blog_parts name="ブログパーツ名"]
[ブログパーツ id="投稿ID"]
[ブログパーツ name="ブログパーツ名"]

IDとタイトルはブログパーツ一覧画面で確認できます。

SWELL ブログパーツIDとタイトル確認場所
ブログパーツ一覧で確認

ブログパーツ一覧画面の右側には呼び出しコードが生成されているので、このコードをコピペすれば、ブログパーツを呼び出すことができます。

SWELL おすすめ記事ブログパーツ ショートコード
ショートコードをコピー
SWELL ショートコード貼り付け
ショートコードを貼り付け
SWELL ショートコードブロック挿入
ショートコードブロックで挿入される

まとめ ブログパーツはウィジェットとして使うと便利!

「ブログパーツ」は、メインコンテンツエリアだけでなく、ウィジェットエリアでも呼び出すことができます。

ウィジェットアイテムとして使うと便利です。

ブログパーツをウィジェット化する方法

例えばCTAウィジェットとして・・・

SWELL ブログパーツ CTA
例 ブログパーツ CTA

記事系ウィジェットも・・・

ランキングウィジェットだって作れます。

SWELL ブログパーツ ランキングウィジェット
ブログパーツで作成したランキングウィジェット

ブログパーツを使いこなせれば、ウィジェットを自由自在に作成できるようになるので、ぜひブログパーツ機能をマスターしてください!

ブログが捗りますよ!

もっと気軽に、楽しく記事を書こう。

SWELL ブログパーツ機能解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

satouのアバター satou 金融系Web広告担当

ブログ未経験でいきなりワードプレスからはじめました!金融業界で働くただのWeb広告担当者です。Web広告のことや生活を豊かにする情報をシェアしていきます。
最近はワードプレステーマ『SWELL』にどっぷりハマってます。しばらく『SWELL』についてばかり書くことになりそう。

この記事の目次