【使って納得】THE THORは評判通りおすすめ?リスト装飾を使って真剣レビュー

SWELL THE THOR リストブロックの違い

多くのブロガーさんがおすすめしているTHE THOR

SEOに強いワードプレステーマということで、これから有料テーマ購入を検討している方の候補の一つに入っているのではないでしょうか?

このブログではTHE THORを実際に使ってみて、評判通りにおすすめなのか真剣レビューを続けています。

レビュー記事といっても、よくある「表示測度 」みたいな内容ではなく、実際に使うであろう機能一つひとつ丁寧に解説しながらレビューしています。

ワードプレスを使ったことがない人が読めば、きっと実際の使い勝手を知りながら、THE THORの良し悪しを判断するのに役立つ情報が得られるはずです。

と、本題に入る前に前もってお断りしたいことが…

結論お伝えしてしまうと、わたしはTHE THORをおすすめしていません。
(特にブログ初心者の方には難しいかと…)

なぜ、THE THORをおすすめしないのか?

その理由についてTHE THORを実際に使ってみながら、お伝えしたいと思います。

では、THE THORよりもおすすめのワードプレステーマはあるのか?

もちろん、あります!

これからワードプレステーマを購入するなら、迷わずSWELLをおすすめします!

なぜSWELLがおすすめなのか?

その理由についてもTHE THORとSWELLで同じ機能を比較しながらご説明したいと思います!

この記事の目次

今回のお題!「リスト装飾」で真剣レビュー

今回は情報の整理に役立つ「リスト装飾(もしくは、リストブロック)」について、THE THORとSWELLで比較しながらレビューしてみたいと思います。

「リスト装飾」はかなり使用頻度の高い機能なので、ブログ初心者の方もお世話になる機会が多いはず。

使う機会が多いからこそ、デザインや使いやすさなど機能の詳細をよく確認することをおすすめします。

この記事のSWELL公式マニュアルはこちら

リストで使えるデザイン装飾一覧 | 【公式サイト】WordPressテーマ SWELL

今回の記事の他にもブログを書く上で使うであろう機能一つひとつを記事にしてますので、ぜひご一読ください。

サマリーの比較だけじゃ、
本当の違いは分からないから。
機能一つひとつ丁寧に比較してます。

THE THOR リスト装飾

まずはTHE THORのリストデザインの紹介から

リストデザイン一覧

番号なしリスト【ulタグ】

基本[カラーA:マーク B:文字(default)]

THE THOR 番号なしリストデザイン 基本

背景[カラーA:マーク B:文字 C:背景]

THE THOR 番号なしリストデザイン 背景

ステッチ[カラーA:マーク B:線 C:背景]

THE THOR 番号なしリストデザイン ステッチ

ペーパー[カラーA:マーク B:文字 C:背景]

THE THOR 番号なしリストデザイン ペーパー

方眼用紙[カラーA:マーク B:文字 C:背景]

THE THOR 番号なしリストデザイン 方眼用紙

線[カラーA:マーク B:線 C:背景]

THE THOR 番号なしリストデザイン 線

点線[カラーA:マーク B:線 C:背景]

THE THOR 番号なしリストデザイン 点線

はみ出す線[カラーA:マーク B:文字 C:線]

THE THOR 番号なしリストデザイン はみ出す線

番号付きリスト【olタグ】

基本[カラーA:マーク B:文字(default)]

THE THOR 番号付きリストデザイン 基本

背景[カラーA:マーク B:文字 C:背景]

THE THOR 番号付きリストデザイン 背景

ステッチ[カラーA:マーク B:線 C:背景]

THE THOR 番号付きリストデザイン ステッチ

ペーパー[カラーA:マーク B:文字 C:背景]

THE THOR 番号付きリストデザイン ペーパー

方眼用紙[カラーA:マーク B:文字 C:背景]

THE THOR 番号付きリストデザイン 方眼用紙

線[カラーA:マーク B:線 C:背景]

THE THOR 番号付きリストデザイン 線

点線[カラーA:マーク B:線 C:背景]

THE THOR 番号付きリストデザイン 点線

はみ出す線[カラーA:マーク B:文字 C:線]

THE THOR 番号付きリストデザイン はみ出す線

リストデザインの設定方法

THE THORのリストデザインは「外観」→「カスタマイズ」→「パーツスタイル設定[THE]」→「リスト設定(個別ページ用)」で行います。

THE THOR 外観 リスト設定

「リスト設定(個別ページ用)」では、「番号無しリスト」と「番号付きリスト」それぞれでデザインを設定することができます。

THE THOR リスト設定項目

THE THORではリストのデザインだけでなく、色の設定が可能です。

カラーA・B・Cが適用される箇所は選択したデザインで異なります。

THE THOR リスト設定 色の選択
カラーピッカーで選択

番号なしリストと番号付きリストで選択できるデザインはそれぞれ1種類のみです。
「リスト設定(個別ページ用)」でデザインや色を更新するとすべてのページのリストのデザインも更新されます。
エディターからページごとにリストデザインを選択することはできません

リストの使い方

THE THORのリストの設置方法はとてもシンプルです。

STEP
ツールバーの「番号なしリスト」「番号付きリスト」をクリック
THE THOR エディター リストボタン

「リスト設定(個別ページ用)」で選択したデザインと色が適用された状態でリストが設置されます。

THE THOR エディター リストブロックの設置完了
STEP
ツールバー内のボタンもしくはTabキーでインデント
THE THOR エディター リストブロックのインデント

エディターからリストデザインは変更できないので使い方に注意

THE THORのリストデザインはカスタマイズ性が高いところは評価できるのですが、次のような弱点があります。

  • エディターに登録できるリストデザインは番号なしリストと番号付きリストで各1種類が上限
  • エディター内で登録しているリストデザインを変更することはできない
  • 「リスト設定(個別ページ用)」でデザインや色を更新するとすべてのページのリストのデザインが更新される

つまり、複数のリストデザインを使い分けることができません

<例>
・リスト単体では背景色付きのデザインを使用する
・ボックス装飾を組み合わせて使用するときは、背景色なしのシンプルなリストを使用する

リストは他の装飾と組み合わせる場面が多いので、この仕様はかなり困ります。

実際、THE THORでボックス内リストをデフォルト以外のリストデザインで作ろうとするときれいに仕上げることが難しいです。

THE THOR ボックス内リスト サンプル
このように、デフォルト以外のスタイルだとボックス内リストが使いにくい

ボックス内リストとして使ってもきれいになるようリストデザインを考慮して設定するのはかなり無理があると思いますので、実質デフォルトのリストデザイン以外は選択肢から外れてしまいます。

せっかくカスタマイズ性の高いリストなのにもったいないです。

SWELL リストブロック

TIPS

SWELLはブロックエディター『Gutenberg』に対応したテーマなので、リストは「リストブロック」と表現するのが正しいと思います。

リストデザイン一覧

番号なしリスト【ulタグ】

デフォルト

SWELL 番号なしリストデザイン デフォルト

目次

SWELL 番号なしリストデザイン 目次

チェック

SWELL 番号なしリストデザイン チェック

グッド

SWELL 番号なしリストデザイン グッド

バッド

SWELL 番号なしリストデザイン バッド

注釈

SWELL 番号なしリストデザイン 注釈

番号付きリスト【olタグ】

デフォルト

SWELL 番号付きリストデザイン デフォルト

目次

SWELL 番号付きリストデザイン 目次

丸数字

SWELL 番号付きリストデザイン

追加装飾

さらに追加で下線を付けたり、横並びにしたりすることもできます。

下線をつける

SWELL リストブロック 追加装飾 下線を付ける

横並び

SWELL リストブロック 追加装飾 横並び

SWELLのリストブロックのスタイルの色ですが、チェックリスト・丸数字はメインカラーと同色、その他のスタイルの色は固定色となっていて、個別に色のカスタマイズはできません

リストブロックの使い方

SWELLのリストブロックの使い方は解説不要なくらい簡単です。

STEP
ブロックライブラリーから「リストブロック」を選択
SWELL エディター リストブロックの選択
「リスト」を選択

リストブロックが設置されます。

SWELL エディター リストブロックの設置完了
番号無しリスト デフォルトの状態
STEP
ツールバーで番号のありなしの選択とインデント
SWELL エディター ブロックリスト ul/olの選択とインデント
ツールバーの赤枠で設定
STEP
右サイドバーにプレビューされた「スタイル」をクリック
SWELL エディター リストブロック スタイルの設定
プレビューをクリックするだけで設定完了

 これだけで設定完了です。

実際の操作の様子は次のページで確認できます。

まとめ

THE THORはリストデザインが複数使えないのが残念

THE THORはリストデザインが番号なしリストと番号付きリストで各8種類用意されているものの、エディターからそれらを自由に選択できないのが残念です。
(サイトに統一感を出すという点においてはこの仕様は良いと思います。)

ただボックス内リストを作る場合、リストデザインはデフォルトが一番使いやすいので、エディター上でもせめて2種類のスタイルを選択できるようにはしてもらいたかったです。

SWELLはリストデザインでマークのカラーが変更できないのがちょっと不満

SWELLでは各リストデザインでマークの色が固定されています。

特定の情報を紹介する際、その情報のイメージカラーに合わせてリストマークの色を調整といったことができないのが少し残念でした。

リストブロックが使いやすいのは圧倒的にSWELL

今回ご紹介した通り、SWELLではエディター上でリストデザインを複数のデザインから選ぶことができるので、リストの内容に合わせて、リストデザインを使い分けることができます。

また実際に設置するときも、エディターの右サイドバーに表示されるプレビューをクリックするだけなので設定がすごく簡単!ストレスフリーです!

他にもリストブロックに背景効果や枠線をつけることもできますし、よく使うボックス内リストも簡単に作ることができます。
詳しくは別記事で紹介しています。

SWELLリストブロックのいいところ
  • リストデザインが複数選択できる
  • リストブロックの設置からデザインの調整まですべてクリックするだけ
    (しかもプレビューされるから選びやすい!)
  • リストの追加装飾やボックス内リストの作成も簡単

使いやすさなら自信をもってSWELLをおすすめします

ブログを続けられない理由の一つが、「書くのが面倒」ということだと思います。

記事を仕上げるだけでも大変なのに、入稿作業に時間がかかったらやる気削がれること請け合いです。

SWELLは WordPress5.0から搭載されている最新のブロックエディター『Gutenberg』に完全対応しているので、簡単に・楽しく・素早く記事をデザインすることができます!
プレビュー見ながら直感的に操作できるのは本当に気持ちいい。

百聞は一見にしかず!
本当に簡単に・楽しく・素早く書けるか確認してみてください!

SWELLならこんなにサクサク書けるんです!

いかがでしたか?

本当にマウスでクリックしていくだけで簡単にコンテンツをデザインできるんです!

SWELLなら面倒な入稿作業が簡単になるイメージが少しでも伝われば嬉しいです。

もっとSWELLの操作感を確認したい方は次のリンクをクリックしてみてください。
動画やGIFでSWELLの使い心地を疑似体験できます!

ワードプレステーマにはサイトの表示速度やアフィリエイト機能の強さなどそれぞれ強みがあると思いますが、簡単に・楽しく・素早く書けるという点においては自信をもってSWELLをおすすめします!

興味持っていただけたら公式サイトもご覧いただけますか?

紹介しきれない素晴らしい機能がたくさんあります。

もっと気軽に、楽しく記事を書こう。

SWELL THE THOR リストブロックの違い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

satouのアバター satou 金融系Web広告担当

ブログ未経験でいきなりワードプレスからはじめました!金融業界で働くただのWeb広告担当者です。Web広告のことや生活を豊かにする情報をシェアしていきます。
最近はワードプレステーマ『SWELL』にどっぷりハマってます。しばらく『SWELL』についてばかり書くことになりそう。

この記事の目次