【事例付き】THE THORの「ボックスの使い勝手」に注意!SWELLと比較して徹底検証

SWELL THE THOR ボックスの使いやすさ

人気ワードプレス「THE THOR」は本当におすすめなのか?

THE THORはSEOに強い!収益化しやすい!ということで多くのブロガーから支持されていますが、ブログ初心者にとってもおすすめのテーマなのか気になるところ。

正直ブログ初心者がワードプレスブログをはじめるなら『SWELL』がおすすめなのですが、ネットのおすすめ情報を調べてみると、まだまだSWELLをおすすめする情報は少ない感じが否めません。

そこでこのブログではTHE THORとSWELLを一つの機能に絞って真剣レビューする連載を続けています。

今回は「ボックスの使い勝手」について事例を交えTHE THORとSWELLを比較してみました。

この記事のSWELL公式マニュアルはこちら

SWELLで使える「ボックス装飾」一覧 | 【公式サイト】WordPressテーマ SWELL

ボックスの基本的な使い方については別記事で紹介していますので、基本から知りたいかたはこちらもご覧ください。

サマリーの比較だけじゃ、
本当の違いは分からないから。
機能一つひとつ丁寧に比較してます。

このブログでは1つの記事でだいたい1つの機能に絞ってTHE THORとSWELLを比較しているため、かなり細かな部分の違いを知ることができます。

この記事の目次

事例1 ボックスの中にリストを作成する

ボックスと組み合わせる頻度がもっとも多いのが「リスト(箇条書き)」だと思います。

両テーマでそれぞれやり方が異なるのでご紹介します。

こんなの作ります。

THE THOR

THE THOR ボックス内リスト 完成イメージ
THE THORのボックス内リスト

SWELL

SWELL ボックス内リスト 完成イメージ
SWELLのボックス内リスト

THE THORでの作成方法

STEP
ボックスを作成
THE THOR ボックス内リスト ボックスの作成
どのボックスでも構いません
STEP
ボックスの外にリストを作成
THE THOR ボックス内リスト ボックスの外にリスト作成
作るのはボックスの外ですよ!
STEP
作成したリストをコピー
THE THOR ボックス内リスト リストのコピー
コピーからの・・・
STEP
ボックス内にリストを貼り付け
THE THOR ボックス内リスト リストの貼り付け
ボックス内で貼り付けです。

ボックス内でリストを作成しようとしてもリストは挿入されません。

SWELL での作成方法

STEP
リストブロックを作成

この時点ではサイドバーにリストブロックのスタイル設定以外表示されません

SWELL ボックス内リスト リストブロック作成
右サイドバーでリストを囲ったりするスタイルが選べない
STEP
リストブロックをグループ化
SWELL ボックス内リスト リストブロックのグループ化
今回は右の方で
STEP
「グループ化」を選択
SWELL ボックス内リスト リストブロックのグループ化
「グループ化」を選択
STEP
右サイドバーでアイコンボックスを選択

リストブロックをグループ化できると、右サイドバーでそれまで表示されていなかった、ボーダーやボックスアイコンのスタイルが選択できるようになります。

SWELL ボックス内リスト 作成完了
右サイドバーで「ボーダー」や「アイコンボックス」が選べるようになる

ブロック一つだけでもグループブロック化できるところがミソです。

事例2 ボックスの中にボックスを作成する

ブログを書いていると、ボックスの中にさらにボックスを設置したい場面も多いと思います。

SWELLの場合は使うブロックによって作成手順が異なるので、2つの事例を紹介します。

こんなのを作ります。

THE THOR

THE THOR ボックス内ボックス
THE THOR ボックス内ボックス

SWELL

SWELL ボックス内ボックス キャプションブロック
これは簡単に作れます。
SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック
これはグループブロック化すると作れます。

THE THORでの作成方法

ボーダーボックスの中にQボックスとAボックスを作成してみます。

THE THOR ボックス内ボックス
これの作成事例です。
STEP
デフォルトパーツのボックスからボーダーボックスを作成
THE THOR ボックス内ボックス (1/5)
外側の親ボックスから作ります。
STEP
「スタイル>ボックス内ボックス」から「Qボックス」を選択
THE THOR ボックス内ボックス (2/5)
「ボックス内ボックス」から選んでください。

ボックス内にQボックスが設置されます。

THE THOR ボックス内ボックス (3/5)
ボックス内にボックスが設置されました。
STEP
Aボックスも同じ手順を繰り返して設置
THE THOR ボックス内ボックス (4/5)
Aボックスも同様の手順です。

これで完成です。

THE THOR ボックス内ボックス (5/5)
簡単でしたか?

さらっと作っているように見えるかもしれませんが、実際の操作みてもらうと感じ方変わるかもしれません。

クリックすると動きます。

THE THOR ボックス内ボックス 作成手順 GIF
これで結構早い方です。

「パーツスタイル設定」のボックスを利用しない場合は注意が必要かも

THE THORでは「パーツスタイル設定」から「ボックス内ボックス」のスタイルを10個まで登録しておくことができます。

今回作成したボックスも「パーツスタイル設定」にあらかじめ登録しておいた「ボックス内ボックス」を使用して作成しました。

THE THOR ボックス内ボックス 登録リスト
「パーツスタイル設定」で登録したものが表示される

デフォルトパーツを使って一から「ボックス内ボックス」を作ることもできますが、わたしは思い通りのボックスが作れず、断念しました。

THE THOR デフォルトパーツ ボックス内ボックス
デフォルトパーツのボックス内ボックス

ネットで探しても解説情報が見当たらないので、デフォルトパーツから作るのは正直かなり難しいと思います。

SWELLでの作成方法

親ブロックがキャプションブロックの場合

SWELL ボックス内ボックス キャプションブロック
これの作成事例です。
STEP
キャプションブロックを作成
SWELL ボックス内ボックス キャプションブロック(1/3)
ブロックライブラリーからキャプションブロックを選択
STEP
キャプションブロック内でアイコンボックスを選択
SWELL ボックス内ボックス キャプションブロック(2/3)
使いたいボックスを選ぶ

これで出来上がり。
(簡単ですね!)

SWELL ボックス内ボックス キャプションブロック(3/3)
クリックするだけで完成です。

次に説明するグループブロック機能を使えば、段落ブロックのスタイルだけでボックスの中にボックスを作ることも可能です。

親ブロックが段落ブロックの場合

SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック
これの作成事例です。
STEP
アイコンボックス(小)を選択
SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック(1/5)
アイコンボックス(小)を選択
STEP
アイコンボックス(小)をグループ化
SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック(2/5)
アイコンボックス(小)をグループ化
STEP
グループ全体を選択

グループ全体の選択の仕方は次の画像で確認してください。

SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック(3/5)
グループ全体を選択
STEP
グループ全体を選択した状態でアイコンボックス(大)を選択

グループ全体を選択すると右サイドバーで「ボーダー」や「アイコンボックス(大)」などのスタイルが選べるようになります。

SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック(4/5)
右サイドバーでアイコンボックス(大)が選べるようになる

これで完成です。

SWELL ボックス内ボックス 段落ブロック(5/5)
グループ化使いこなせると便利です。

グループブロック化すると、グループブロック全体に対して、段落ブロックと同じ装飾をつけることができるようになるイメージです。
装飾に困ったときはグループブロック化するとだいたい解決します!

作成してみた感想

THE THORでボックスの中にボックス作るのはかなり大変

THE THORで一から「ボックス内ボックス」を作成する場合、デフォルトパーツを組み合わせて作成することになりますが、試しに作ってみてると、思い通りにボックスを設置することができませんでした。

ちゃんと使いこなせれば「ボックス内ボックス」が作れるのでしょうけど、そもそも直感的に使えないところが問題です。

そうなると「パーツスタイル設定」に登録した「ボックス内ボックス」を使うことになる訳ですが、登録されたボックスを変更するにはコードの記述が必要です。

これがブログ初心者には優しくない。

初期設定されているスタイルを使うこともできますが、ちょっと使いにくいデザインだと思います。
(最初の3つのスタイルとか使いこなす自信がない。気になる方はググってスタイル確認してみてください。)

SWELLはボックス内ボックスの作成も簡単だった!

SWELLではグループブロック機能を使えば、ボックス内リストもボックス内ボックスも簡単に作ることができました。

クリックするだけで簡単にデザインが仕上がるのは本当に心地よいです。

ワードプレステーマを選ぶにあたって、サイトの表示速度やアフィリエイト機能の強さなど大事なポイントは人によってさまざまだとは思いますが、楽しく書けるという観点も大事なポイントだと思います。

SWELLは間違いなく、今一番楽しく書けるワードプレステーマです。

他にも素晴らしい機能がたくさんあるので、ぜひ公式サイトも覗いてみてください。

もっと気軽に、楽しく記事を書こう。

SWELL THE THOR ボックスの使いやすさ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

satouのアバター satou 金融系Web広告担当

ブログ未経験でいきなりワードプレスからはじめました!金融業界で働くただのWeb広告担当者です。Web広告のことや生活を豊かにする情報をシェアしていきます。
最近はワードプレステーマ『SWELL』にどっぷりハマってます。しばらく『SWELL』についてばかり書くことになりそう。

この記事の目次
閉じる